福岡の心理カウンセラー・セラピスト養成講座『九州心理カウンセリング学院』ヘッダー
カウンセラー養成の考え方 カウンセラー活躍の形 心理カウンセラー養成講座コース紹介 カウンセラーグループ活動 カウンセラーへのサポート体制 心理カウンセラー養成講座学生募集
心理カウンセラー講座体験セミナー 個人カウンセリングのご案内 登録カウンセラーのご紹介 心理コラム 九州心理カウンセリング学院へのアクセス 九州心理カウンセリング学院福岡本校資料請求

福岡県福岡市 カウンセラー養成九州心理カウンセリング学院 心理コラム

心理コラム「野の花のささやき」スタート!

心の問題は私たちにとって何でしょう?
それは私たちを悩ますものであり、又それを通して、成長を促すものでもあります。
色んな事柄を体験していく中で、問題の受け止め方、解決の仕方のヒントなどが得られる事を、心理コラム“野の花のささやき”欄でご紹介していけたらと思います。

『私のプチうつ体験』

私が「プチうつ」かな?と感じた時の最初の症状は、
「なんだか体が重くてだるいな。息苦しいな。」というものでした。
その頃私は以前働いていた職場を辞めて、転職に向けて準備をしているところでした。
転職に有利になるようにと習い事をして、いくつかの資格を取ろうと最初は張り切っていました。
ところが、気がつくといつのまにか「何だか体が重くてやる気が出ない。」状態になっていたのです。
そんな日々が続く中、やらなくてはいけないことはたくさんあるのに何も手がつかなくなってしまいました。
「来月には検定試験もあるし、もうすぐ失業保険が切れてしまうので、その前にいろんな資格をとっておきたいのに」という焦りから、常にイライラしていました。
何も手につかない状態の中、自分自身を責めるようになり、気分がひどく落ち込み、自分の将来について強い不安を感じ、何の希望も持てなくなっていました。
時には「こんな自分は生きていてもしょうがない」と思うことさえありました。
そんな時、知人と話をする機会があったので、私は思い切って今の自分の状況を話してみました。
すると、その人も同じ様な経験がある方だったので、私のことをすごく理解してくれたのです。
それまでは「なんでこんなに苦しいのだろう。」と自分のことしか考えていませんでしたが、「苦しいのは自分だけではない」と気づいたことによって、気持ちに変化が起こりました。
話を聞いてもらったことによって心が軽くなったし、共感してもらうことで心強く思いました。
会話の中でアドバイスをもらうことも出来たし、何より、「こんな私のことを否定することなく認めてくれている」ということが安心感につながりました。
それまでの私は、たくさんのものをいっぺんに手に入れようとして空回りしていましたが、だんだんと「今は焦らずに、今日出来るだけのことをすればいい。結果が思ったようにならなくても、それはそれで仕方ない」と思えるようになりました。
「優先順位を決めて、地道にひとつひとつに取り組めばいい」こんな簡単なことさえも、うつ状態のなかで見失っていたのです。
それから私はゆっくりですが、徐々に回復することができました。

 

バックナンバー.
●生き方の心理学1 〜心の可能性を広げる明晰な考えが、今後の人生を左右する〜
●ストレスを抱えて、なかなか前に進めないとき、カウンセリングが役に立ちます!
●職場の中で今、求められる心理学とは?
●心理カウンセリングを学ぶとどんなプラスの面があるのでしょうか?
●現代の心の問題、うつ、パニック、適応障害、への対応 〜心のバランスの回復を〜
●今、心に何が? 〜人と人をつなぐ心、その多様性への理解が問われている〜
●「物語」と「出会い」そして人の心
●心の視点 〜悩みの奥に何がある?
●あなたが、あなたを超えるときは?
●自分の心に出会うときは?〜今の場で、これ以上でもこれ以下でもない自分の姿〜
●共感と生活の充足 〜底で共感し、通じあう生命の姿〜
●心のアート 〜生命の姿〜
●夢の働きと人生のスタイル
●私たちの“心のアート” 〜“明日にかける橋”を見いだそう〜
●心を自由にさせてみたら?
●心の周波数を切り替えることで、あなたの人生が変わる?!
●危機の時代の心の在り方U
●危機の時代の心の在り方
●心は周りの世界と共鳴する〜創造と文化と私たちの生活〜
●現代社会のアキレス腱、若者の心
●プラス思考への鍵
●自分の回りの豊かさに気づいていこう
●心はいきもの、そしてシステム
●幸せの形と心の居場所
●自分探し青い鳥
●現代若者 考
●私のプチうつ体験
●心の切り替え能力


▲このページのトップへ



Copyright(C) 2002 Kyushu Psychological Counseling Institute All Rights Reserved.